学園広報誌

同窓会について

 

同窓会 会長挨拶

皆さんこんにちは。 早いもので、ホンダ学園の一期生も卒業して40年になりました。 人によっては還暦を迎え、新たな人生を歩み始めた方もいらっしゃいますね。 創立40周年を迎え、同窓会としても、皆さまにより良い情報を発信したいとの声が上がりました。 この度、学園のご協力をいただき、ホームページの中に新たに同窓会のコーナーを設けていただきました。 昨今は、SNSを使った情報の共有が出来る時代になりました。 同窓会も、皆さまに最近の情報を発信したいと思います。 同窓会としては、個人情報の漏れに注意しながら、運営していきたいと考えております。 住所変更の有る方は、最新の住所などをお知らせ願えれば幸いです。 将来的には、クラス会などの連絡、会員同士の情報交換の場として活用できるようにしていく予定です。 それでは皆さまの益々のご活躍とご健康を祈念してご挨拶とさせていただきます。

同窓会組織図

役職 氏名 期生
会長 小田 利昭 1期生
副会長 堀  満 1期生
副会長 近藤 友明 1期生
理事 添田 幹夫 1期生
理事 桜井 芳博 1期生
理事 七五三掛 文則 1期生
理事 大竹 保 1期生
理事 江田 丈夫 1期生
理事 森泉 厚生 2期生
幹事・会計 坂詰 進 5期生
幹事・会計 杉田 正司 2期生
幹事・事務局 奥原 進 2期生
幹事 田中 敏彦 3期生
幹事 小林 誠一 2期生

ホンダテクニカルカレッジ関東 同窓会 会則

第1条 本会はホンダ テクニカル カレッジ 関東(以下 H-TEC(E))同窓会と称し、本部を母校内に置く。
第2条 本会はH-TEC(E)の卒業生をもって組織し、会員相互の親睦、互助をはかると共に母校の発展に寄与することを目的とする。
第3条 本会の事業
  1. 同窓会ホームページ等の維持・管理
  2. 母校諸事業等の後援
  3. その他必要と認められる事業
第4条 本会はH-TEC(E)現職員及び旧職員を推して特別会員とする。
第5条 1項 本会に下記の役員をおく。
  1. 顧問  H-TEC(E)校長
  2. 会長  1名 幹事の中より選出する。
  3. 副会長 2名 同上
  4. 幹事  9名 (会長・副会長含む) 会員の自選又は互選により選出する。
  5. 上記役員の他に、本会の会計・事務を処理する事を目的に、庶務会計及び事務局として、2?3名を会長が学校教職員に委嘱する。
第6条 会長、副会長2名、幹事6名で構成する幹事会を設置し、以下の役割をになう。
  1. 同窓会の運営(事業・予算の執行) 尚、運営にあたっては幹事会で決定、執行する。
  2. 会則の改正の発議
第7条 本会の役員の任務は下記の通りとする。
  1. 顧問は会務の運営について助言を与え諮問に応じる。
  2. 会長は本会を総括し、本会を代表する。
  3. 副会長は会長を補佐し、会長に事故ある時はこれを代行する。
  4. 幹事は会務に参画する。
第8条 本会は2年に1回通常総会を開くことができる。ただし、必要が有る場合は、臨時総会を開催することができる。 尚、総会に必要と認めた場合は、総会費を徴収することができる。
第9条 入会費として5,000円を納入する。本会の事業に要する経費は、前記入会費及び臨時会費、その他収入をもってこれにあてる。基金は「H-TEC(E)同窓会」名義で管理し、庶務会計及び事務局で保管する。
第10条 本会会則の改正は幹事会の発議により総会において出席会員の三分の二以上の同意を得てこれを決する。
第11条 会員の資格の喪失 本会の会員が次に該当する場合は本会会員資格を失う。
  1. 死亡した場合。
  2. 会員が母校の名誉を傷付けた場合は、幹事会の決議により除名する事ができる。
  • S53年3月制定
  • S60年3月改定
  • S61年3月改定
  • S62年3月改定
  • H07年3月改定
  • H29年9月改定