【対象:在校生】5月の検温確認について

令和4年4月26日
ホンダテクニカルカレッジ関西
教務部

5月度も登校前及び、休講日における体温や体調管理として、Googleフォームへの入力を継続していきますので、感染防止・感染拡大防止対策を行い、体調管理に気をつけて行動してください。

5月の検温確認

*検温結果や体調については、毎日起床から登校までの間に事前入力を行って下さい。(休講日も入力してください)
*検温の結果、37.5℃を超える発熱がある場合は、登校せず病院で診察を受けて下さい。またその際は、学校(クラス担当)に連絡をお願いします。(37.0℃以上の場合はクラス担当の先生に相談してください)
*体温計が無いなど検温ができなかった場合は、1階事務所または、職員室前にて体温測定を行い、Googleフォームへの入力を行って下さい。

授業時刻表

相談室便り 5月号

★新着記事★

相談室便り5月号を掲載しました。

相談室便り(R4年5月)

【過去記事】

相談室便り(R4年4月)

相談室便り(R4年3月)

相談室便り(R4年2月)

相談室便り(R4年1月)

相談室便り(R3年12月)

相談室便り(R3年11月)変更

相談室便り(R3年10月)

リモート学生相談開始のお知らせ

相談室便り(R3年9月)予定変更分

相談室便り(R3年8月)

相談室便り(R3年7月)

相談室便り(R3年6月)

相談室便り(R3年5月)

相談室便り(R3年4月)

【対象 在校⽣の皆様】 GWにおける新型コロナウィルス感染拡大防止に向けた取り組み強化のお願い

令和4年4月26日
ホンダテクニカルカレッジ関西
教務部

在校⽣の皆様へ
早いもので入学、進級されてからもう1月が経とうとしています。
今年度最初の長期連休になりますので、気を緩めることなく感染拡大防止に向けた取り組みをお願いします。
今回のGWにあたり大阪府から通達も届いています。
内容としては、“大阪府では、府民や事業者の皆様のご協力により、直近1週間の新規陽性者数はやや減少傾向にあるものの、感染力の高いBA.2系統への置き換わりが進んでいることや、大型連休後の感染の再拡大を警戒する必要があること、また、感染が再拡大した場合、再び医療提供体制がひっ迫する恐れがあることから、引き続き、感染防止対策を徹底する必要があります。” とあります。
4月に学校が始まり、注意並びに一層の感染防止行動をお願いして来ましたが、学園においては、この1カ月に多数の陽性者や体調不良者が発生しました。
今回のGWという長期連休後に多数発生しないようにする為には、学生の皆さん一人一人が引き続き自らの感染防止行動を怠らないことが必要です。
自分は大丈夫という根拠のない自身や安心感は非常に危険です。
今一度自分のしている事に注意を払い、自ら感染を招いていないか考え対応する事が必要です。
また体調不調と感じた場合は気兼ねなく担当の先生に相談し対応を図って下さい。
報告・連絡・相談は徹底しましょう!

継続した感染防止対策
○ 旅行や帰省等、都道府県間の移動は、基本的な感染防止対策を徹底するとともに、移動先での感染リスクの高い行動を控えること
○ 会食を行う際は、4ルールを遵守すること
・同一テーブル4人以内 ・2時間程度以内での飲食
・ゴールドステッカー認証店舗を推奨 ・マスク会食(※)の徹底
※ 疾患等によりマスクの着用が困難な場合などはこの限りでない
○ 感染防止対策(3密の回避、マスク着用、手洗い、こまめな換気等)の徹底
特に、子どもの感染防止対策を徹底すること
○ 少しでも症状がある場合、早めに検査を受診すること
感染不安を感じる無症状者についても、検査を受診すること(無料検査事業を実施)
○ 感染対策が徹底されていない飲食店等の利用を自粛すること

【対象 在校⽣の皆様】 新型コロナウィルス感染防止への一層の対応強化徹底のお願い

令和4年4月15日
ホンダテクニカルカレッジ関西
教務部

在校⽣の皆様へ
皆さん体調はいかがでしょうか?
全国の新規感染者数は依然として横ばいで増加傾向を示しています。
大阪府においても20代・30代を中心に新規陽性者数は増加したままで、1日約4千人を超える事態です。
先週も注意並びに一層の感染防止行動をお願いしたばかりですが、学園においては、この1週間で陽性者の発生や体調不良者が多発しています。

ここで皆さんへ対応強化のお願いをします。学生の皆さん一人一人がより一層自らの感染防止行動を怠らないことが必要です。
自分は大丈夫という根拠のない自信や安心感は非常に危険です。
新年度早々第2学年は休講措置を取らざるを得ない状況になりました。
今回の発生は学外における普段の行動が原因となっているようです。マスク無での会話、対面飲食等、学内外とも感染のリスクを下げる行動を求められます。今一度自分のしている事に注意を払い、自ら感染を招いていないか考え対応する事が必要です。
また体調不調と感じた場合は気兼ねなく担当の先生に相談し対応を図って下さい。
報告・連絡・相談は徹底しましょう!