第8期 海外ヒストリックラリー参戦プロジェクト

東京大学とホンダテクニカルカレッジ関東 合同「海外ヒストリックラリー参戦プロジェクト」は第8期目を迎え、ラリー・モンテカルロ・ヒストリックへの挑戦が発表されました。

ホンダ学園は第6期よりプロジェクトに参画。当初もフランスを目指していましたがテロ発生により断念。活動の場はニュージーランドに設定され、第6期はタルガ・バンビーナラリー、第7期はタルガ・ロトルアラリーに出場。東京大学の学生と共に素晴らしい活躍を見せてくれました。

5/13には第8期プロジェクトキックオフが行なわれ、東京大学の草加教授より2018年1月に予定されている「ラリー・モンテカルロ・ヒストリック(フランス)」への出場が正式に発表され、状況によっては変更となる可能性を残しつつ、それでも未知の長距離を走破することに、大きな夢と期待が膨らみます。

新しいラリー車両の製作も始まっており、学生たちが「スバル1300G」のレストア作業に着手しています。今年のチーム名は「夢双」(むそう)に決定。夢に向かって走る。東大とホンダ学園が力を合わせて優勝を目指す。という願いが込められているそうです。

活動の様子はホームページでお伝えいたしますので、楽しみにお待ち下さい!

プロジェクト第7期 キックオフ(Team 若武)
プロジェクト第6期 キックオフ(Team Musashi)
オープンキャンパス 資料請求