世界に歓迎される人間の育成を使命とする

整備や開発の実践技術を学び
卒業後は即戦力の技術者になる。
Hondaは独自の技術で自動車社会の発展に貢献することを目指している企業です。「世界に歓迎される人間を作りたい」という建学の精神のもと、1976年にホンダ学園を創設いたしました。今日、Hondaの自動車大学校として、自動車整備士と開発エンジニアを育成しています。
初心者から一人前を目指す
4輪車の実習授業の様子
クルマやバイクに興味を持ち、自動車業界で働くことを夢見る皆さんを、私たちホンダ学園が応援します。学園では、Hondaで様々な現場経験をした技術者が皆さんの授業を担当しています。初心者からでも2年という短い期間で、自動車整備士や開発エンジニアを目指すことが出来ます。
仕事で使える技術を学ぶ
2輪車の実習の様子
メーカー(企業)の学校として、現場で通用する「実践技術」を教えられるのが特長のひとつです。仕事で先輩から教わったこと、後輩へ教えたことを、今度は学生の皆さんにお教えします。
就職活動をしっかりサポート
現場で活躍する先輩
高い就職内定率を維持できるのは、実践学習で身につけた技術が、多くの企業で必要とされている為です。特にHonda系企業で組織される賛助会企業様は、企業研究会や企業セミナーなどの就職関連行事にもご協力いただいているほか、経済的支援や入試などにおいても多大なるご支援をいただいています。
モータースポーツ活動も活発です
Hondaは昔から世界中の様々なレースに出場し、人と技術の進化の為に挑戦を続けてきた企業です。学園でも4輪・2輪のレースやモノづくりのクラブが活動しており、学生たちが記録に挑戦しています。
オープンキャンパス 資料請求