MENU MENU

On Campus

On Campus

キャンパスライフ 仲間と過ごす大切な時間がある

在校生紹介

夢を叶えるため、頑張っている在校生

自動車整備科 山根 伊織
お客様から信頼される
サービスエンジニアになる!

自動車整備科 山根 伊織

私がクルマに興味を持ったのは、映画の「ワイルドスピード」を鑑賞した際に、クルマの整備シーンを見てカッコいいなと思ったのがきっかけで、整備士になりたいと思い自動車専門学校への進学を考えました。ホンダ学園に進学した理由は、圧倒的な設備・教材と選択肢の多い就職先です。学園に入学するまではクルマの知識はゼロ。不安でしたが学園での授業は基礎から丁寧に教えてくれるので、問題ありませんでした。また、苦手なところも先生に聞きに行くと親切に教えてくれました。将来の夢は、お客様から信頼されるサービスエンジニアになることで、今、学園でしっかり勉強しスキルを身に付けたいと思ってます。

一級自動車研究開発学科(一級自動車整備士コース) 藤原 臣人
Hondaが好き!同好会でレースにチャレンジ!

一級自動車研究開発学科(一級自動車整備士コース) 
藤原 臣人

私がホンダ学園を選んだ理由は、Hondaが大好きだからです。学園では自分の好きなメーカーのクルマやバイクを使った授業を受けることができるので、毎日学校へ行くのが楽しくて仕方がありません。また、同好会の多さも魅力です。私はバイクとクルマのレースに参戦できる同好会を掛け持ちしてます。同好会では授業で学んだことをより深く学ぶ機会や挑戦できる場があり、自身の技術を磨くことができます。
今は、一級自動車整備士の取得を目指していますが、他にも開発エンジニアの道が開けるなど様々な選択肢がホンダ学園にはあります。
学園の授業は、基礎からしっかり教えてもらえるのでクルマのことを何も知らなくても大丈夫です。皆さんと一緒にホンダ学園で学べることを楽しみにしてます。

一級自動車研究開発学科(自動車研究開発コース) 竹川 裕一郎
いまだかつてない、画期的な技術開発をし、
新時代のエンジンを創る!

一級自動車研究開発学科(自動車研究開発コース) 
竹川 裕一郎

私は幼いころから大きな乗り物(トラック・飛行機)を見に行くことが好きでした。また、母親がHonda Carsのサービスエンジニアだったので、身近なクルマやバイクにも興味を持ちました。次第に「どうしてあんな大きな鉄の塊が速く動いたり、飛んだりするのだろう」と疑問を持ち調べるうち「エンジンってすごいんだ」と気づきました。ホンダ学園にはエンジンやクルマの構造について実践的に学べることと、そして、Hondaへの圧倒的な就職数が進学を決めた理由です。将来は、Hondaに入り、いまだかつてない画期的な技術を開発し、新時代のエンジンを創りだすことです。

一級自動車研究開発学科 川合 琴音
モータースポーツの現場で活躍する!

一級自動車研究開発学科 川合 琴音

F1やスーパーGT等、クルマのレースが好きで、自動車整備士になる道を選びました。ホンダ学園への進学を決めた理由は、オープンキャンパスに参加した際、施設・設備が充実していたこと、たくさんのHondaの実習車を用意し、授業をしている所に惹かれたことです。入学後は、鈴鹿サーキットのレースオフィシャルに参加。レースオフィシャルとは、ドライバーや観客の安全を守る、円滑なレース運営をするために必要な仕事です。実際にレース中のフラッグ掲示・事故処理に携わり、とても貴重な経験をすることができました。また、Hondaの軽自動車(N-ONE)を使ってレースをする同好会、「H-TEC R&M」に所属し、レースに必要な知識や整備スキルを実践で学んでいます。将来は、モータースポーツの仕事に就けるよう、日々、授業や同好会活動を頑張っています。

資料請求
に関するお問い合わせはこちら

入学相談

平日9:00~17:30

0120-66-9003

時間外の場合は問い合わせフォームからお問い合わせください。